キャンナス宮崎、始動!
 
キャンナスは、「ほっとけない」の気持ちから始まった、訪問ボランティアナースの全国組織です。

「時々入院、ほぼ自宅」

少子高齢化が待った無しの今、地域で自立して暮らすことを求められる時代。

疾患をもつ方が、自宅でもっと安心して暮らすことができる為には、ナースはもっと病院を飛び出して、社会に積極的に関わることが必要なのではないでしょうか。

地域包括ケアが推進される中、利用できる制度も増えてきました。しかし公的なサービスには必ず一方で、適応外であったり、制度から漏れてしまってサービスを利用できない方が生まれてしまいます。

キャンナスの活動は、そういう社会背景の中、社会のニーズと使命感を感じたナースの有志により生まれた自発的(=volunteer)な市民運動の一環です。

私たちは、病気があっても、自宅で安心して暮らせる社会の実現というにむけて、ナースだから出来る活動を出来る範囲で、おたがいさま、の気持ちでお手伝いします。

あなたの街の、一番近いナースステーションになれますように。
                   
                       キャンナス宮崎代表 長野仁美
                                                                                                                                                                                        


キャンナス代表の著書

いけいけ!ボランティアナース!

 

代表、菅原由美がキャンナスをどうして立ち上げようと思ったのか、実際に立ち上げようとしたらどういうことが起こったのか、苦難をキャンナスがどう乗り越えてきたのかなどがよくわかる、1冊です!

 

キャンナス宮崎を私が立ち上げようと思ったきっかけとなった本です。

 

キャンナスの立ち上げに興味がある方もぜひご一読ください!

 

Amazonで購入できます!

いけいけ!ボランティアナース~在宅ケアの新しい形~